TOPへ戻る

  • 池袋駅前クリニック
  • 皮膚科の診療内容
  • 池袋駅前クリニック:院長紹介
  • 診療理念
  • 医院紹介
  • 池袋駅前クリニックへのアクセス

手荒れ

手荒れとは、別名手湿疹とも言いますが、乾燥やアレルギーなどが原因で手や指の皮膚のバリア機能が低下してしまい、皮膚が荒れるものです。まずは失われた皮脂膜の代わりとして保湿剤を用いて手の皮膚を保護し乾燥を防ぐ必要があります。

乾燥肌

乾燥肌は皮脂腺からの皮脂の分泌の低下や角質の細胞の間の脂質の低下などにより肌の水分を保つためのバリア機能が低下してしまい水分含有量が低下している状態です。乾燥肌を自覚したら、まずは皮脂膜の代わりとなる保湿剤をもちいてお肌を保湿する必要があります。

かゆみ

かゆみは末梢性のかゆみと中枢性にかゆみの二種類に分類されます。末梢性のものは皮膚そのものに問題があって起こるもので蕁麻疹(じんましん)やアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎(かぶれ)、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹などが代表的です。

ニキビ

にきび治療は原因に合わせて治療を行うことが改善への早道です。赤いにきびや白いにきびなど様々あります。池袋駅前クリニック 皮膚科外来ではケミカルピーリング、レーザー、外用剤、内服などの治療の中から肌状態に合った治療法を選択し治療を行っております。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はもともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。アトピー性皮膚炎の治療では、通常ステロイド外用薬や抗ヒスタミン剤などが処方されます。

いぼ(尋常性疣贅)

イボ(いぼ、疣贅)はウイルス性疾患で、放置しておくと、イボウイルスが周囲に感染していき、治療をしないとどんどん増えていきます。また、他人にも感染します。池袋駅前クリニック 皮膚科外来では液体窒素療法、炭酸ガスレーザーによる治療も行っています。

湿疹、皮膚炎

湿疹・皮膚炎とは、赤くてかゆみのある発疹を引き起こすさまざまな病気の総称です。体の特定の場所にしかできないものや全身のどこにでもできるものがあります。原因によって治療法は異なりますが、治療の基本はステロイド外用薬になります。

わきが (腋臭症)

思春期になると、腋(わき)の下からの汗が刺激のある独特なにおいを発するようになります。においが強い場合をわきが(腋臭)といいます。制汗剤(せいかんざい)による外用治療や手術で腋の下のアポクリン汗腺を取り除くとにおいはなくなります。

皮膚カンジダ症

カンジダは粘膜の常在菌で、誰でも保菌していますが、基本的に病原性が弱い菌で、発病することはほとんどありません。特殊な条件が重なると発病します。
一般的な治療法はカンジダに抗菌力のある抗真菌薬の外用です。

とびひ

とびひは、細菌が皮膚に感染して水ぶくれやかさぶたができ、それが“飛び火(とびひ)”のように体のあちこちに、次々と広がってゆく病気です。池袋駅前クリニック 皮膚科外来では、黄色ブドウ球菌によく効く抗菌薬を3〜4日間内服します。

汗疹、あせも

夏場の暑い中汗をかくと汗のたまりやすい、ひじやひざの裏を中心にできる炎症のことで、汗の通り道が閉塞してしまうことで汗が皮膚内に溜まってしまい小さな水泡になっておこる炎症です。場合によっては弱ステロイド軟膏を処方する場合があります。

リンゴ病(伝染性紅斑)

両方の頬に紅斑(リンゴのようにみえる)ができることを特徴とする学童期の急性ウイルス性疾患です。16〜17日の潜伏期間があり症状が現れます。この原因ウイルスの特効薬はありません。必要に応じて対症療法を行います。

かぶれ(接触性皮膚炎)

何らかの外的刺激が肌に接触することで、接触した部分に赤いぶつぶつや丘疹、あるいは水疱(といった湿疹を生じる疾患です。 原因物質を特定することが一番の予防策でもあり対策となります。原因となる物質が何か突き止めることは重要です。

ケロイド

ケロイドは、傷が治る過程において原因不明の炎症が持続することにより、線維形成が収束しないことによる皮膚線維増殖性疾患です。患者様の体質、年齢、またケロイドのできた場所によって最適な治療法が異なるため、専門の知識が必要です。

しもやけ(凍傷)

冬に手足の指趾等の末梢部が、紅く腫れて痒みが出ます。冬の寒さなどによって血行が悪くなることが原因で起こります。腫れや赤み・痒みがひどい場合や、皮膚のただれやひび・あかぎれが進行している場合はすぐ池袋駅前クリニック 皮膚科外来へお越し下さい。

やけど、火傷、熱傷

熱による皮膚や粘膜の損傷です。受傷部位に発赤(ほっせき)、水ぶくれ、痛みが現れます。熱傷の面積が広いと血圧低下、尿量の減少、頻脈(ひんみゃく)、感染症などの全身症状が現れます。症状によっては専門的な処置が必要な場合があります。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、俗に10円玉ハゲと言われる様に、頭髪の中に円形の境目が比較的はっきりとしている脱毛の事を言います。 脱毛の状態によって治療方法は異なりなります。池袋駅前クリニック 皮膚科外来では円形脱毛症の専門的診断を行っております。

乾癬

皮膚から少し盛り上がった赤い発疹の上に、銀白色のフケのような垢が付着し、ポロポロとはがれ落ちる病気です。外用療法、光線療法、内服療法、注射や点滴などの治療法があり症状や生活様式に合わせて、治療法をご提案致します。

たこ

たことは、皮膚の角質が肥厚した状態です。たこは、足の裏などの機械的な圧力、摩擦、衝撃がかかりやすい部位にできやすいです。スピール膏を2〜5日間貼付し、角質が軟化したのちに切削します。池袋駅前クリニック 皮膚科外来ではたこの治療を行っております。

魚の目(うおのめ)

魚の目とは皮膚を守っている角質が厚くなって、皮膚の深いところまで入り込んでしまう症状のことです。 患部の形状は文字通り、さかなの目に似ていて正式には鶏眼(けいがん)と呼ばれています。治療後、再発の恐れがあるので適切な治療が必要です。

ヘルペス性歯肉口内炎

ヘルペス性口内炎はウィルスが原因のウィルス性口内炎です。 舌、口唇、歯肉が赤く腫れる症状で、 とても痛く熱を伴うことが多いです。 抗ウイルス薬の服用と、患部を清潔に保つことが大切です。医師による診断の後、適切な治療、アフターケアを行いましょう。

疥癬

疥癬は、ヒゼンダニ(疥癬虫(かいせんちゅう))と呼ばれるダニが皮膚表面の角質層に寄生して起こる感染症です。内服薬と外用薬の治療法があり、両者を併用することもあります。池袋駅前クリニック 皮膚科専門外来では疥癬の治療を行っております。

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症はウミが溜まった膿疱と呼ばれる皮疹が手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に数多くみられる病気で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。抗生物質や抗真菌剤は効果が期待できないため対症療法で炎症を抑えることがメインになります。

水虫(みずむし)

カビの一種である白癬菌が、角質に付着し、傷ついた角質から入り込んで繁殖しやすい環境を維持した場合に発症します。池袋駅前クリニック皮膚科外来では、基本的に抗菌剤を再発防止のためにも3〜6ヶ月継続して塗って頂いております。

帯状疱疹

帯状疱疹とは、子供のころにかかった水疱瘡(水痘)のウィルスが、治癒した後も体内に残り、疲れやストレスによる免疫の低下をきっかけに活性化して皮膚に水疱ができる病気です。基本的には積極的な治療は必要ありませんが、神経痛の後遺症が残ると治りづらいです。

丹毒

蜂窩織炎と似ていますが、丹毒は皮下組織よりも浅い真皮レベルでの化膿性感染症です。高齢者や免疫力が低下した人に多く発症し、高熱や全身の倦怠感を伴います。池袋駅前クリニック皮膚科外来では、主に抗菌薬を処方で対応しています。

虫刺され

虫が持っている毒成分アレルゲンとなってからだの中の抗体と反応し、炎症などの皮膚炎を引き起こします。毒性の強いハチやケムシに刺された場合、刺された後に蕁麻疹が出たり、気分が悪くなったとき、その他痛みがひどい場合などは早めの受診をお勧めします。

爪水虫(爪白癬)

水虫を放っておくと白癬菌が皮膚から爪の中へと侵入して、爪水虫(爪白癬)を発症します。爪水虫は一度発症するとなかなか治りづらく、また、患部から別の部位に白癬菌をばら撒いてしてしまう可能性が高くなりますので、早めの治療をお勧めします。

日焼け

日焼けした当日の夕方から夜にかけてひりひりと痛む場合、重度の日焼けが考えられます。氷水などで丁寧に冷やして早めに皮膚科を受診しましょう。池袋駅前クリニックでは、炎症を抑えるために、各種副腎皮質ホルモンを処方しています。

粉瘤(アテローム)

皮膚の下にできた袋状のものに、本来ターンオーバーするはずの角質や皮脂が袋の中に溜まってできた腫瘍の総称です。基本的には、簡単な外科的処置で切除することが可能です。痛みや炎症を伴わない場合は切除するかどうかは患者さんの自由です。

蜂窩織炎

細菌感染によって起こる、皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけての化膿性感染症です。皮膚の損傷(外傷、皮膚炎、白癬感染など)が感染源となるケースが多く、池袋駅前クリニック皮膚科外来でもたくさんの患者さんが来院されています。

毛孔性苔癬

二の腕や肩、太もも、背中などの毛穴に角質が詰まって、ぶつぶつします。薄い赤や褐色系の色をしています。池袋駅前クリニック皮膚科外来では、尿素軟膏やサリチル酸ワセリン軟膏などの角質溶解や保湿の作用がある外用薬を処方しています。

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)

皮脂腺が多く皮脂の分泌の多い頭皮や顔、耳の後ろ、摩擦の多いわきの下や太ももの付け根などに起こります。新生児から生後3か月くらいまでの赤ちゃんと、思春期以降の成人に多く、赤ちゃんでは自然治癒することが多いのに対し、成人では慢性化するケースが多いです。